自動車保険のひとつとして代理店式自動車用保険と言われているものがあることを知っている方は多いでしょう。代理店型マイカー保険を解説すると保険会社とは別の店を通してカー保険契約を結ぶマイカー保険ということです。ところで代理店方式の自動車保険に関して、どのような利点とデメリットが見られるかをお教えします。代理店式マイカー保険の第一の魅力は車保険のエキスパートに質問可能であるということです。マイカー保険を独力で判断しようと考えても、専門用語難解だったり、どの補償が必要であるか判断できないことがよくあります。加えて、関連する知識をつけてから後に車保険を分析しようとしたところで、かなり長期的な下調べが不可欠になります。暇がある人であればOKかもしれないですが通勤しながらも用語を頭に入れる作業はとても難しいと思われますし、相当に面倒なことに違いありません。ですが代理店経由の自動車保険を選ぶとカー保険についての専門性がゼロでも担当者が教えてくれるので本人が専門用語を勉強する責務が存在しません。加えて保険相談が可能なので、確かに加入者に適当なクルマ保険を選べる可能性大です。ここで代理店式クルマ保険の短所は固定範囲の自動車保険のうちでしかマイカー保険を検討することが許容されないこととコストの高さです。通常、代理店サイドは自分たちが扱っているサービスを勧めてくる性質があるのである範囲のカー保険サービス内でカー保険を判断しないといけません。そのせいもあって、バリエーションがどうやっても狭まるという欠点を知っておきましょう。かつ、店舗を通していることが理由で保険料が増えるという弱点が存在します。