カードを利用していると一般的には加入会社から明細書の通知があります。それら利用明細を保管しておけばどの店舗で何時何分に何にカードを何円使用したのかについての詳細が書かれているため、これまで使って払った支払いの履歴を確認するに本当に明快で使いやすい。代用は少し少し無理があるのではないかと思いますが簡単な家計簿風としてファイルすることもできるため、管理の味方にもなるはずです。それにこのカード明細書送られてから一か月後経つか経たないかでカード代金の振り込みがされます。つまりカード利用明細書を見比べて、疑わしい場所もしも行ったこともない場所がリストにあれば指定の電話番号に連絡して調べてもらえばよいというだけでしょう。本当に偽造による不正利用などのあなた以外による使用が判明した際にも、クレジットカード利用者に落ち度がない時には、大多数の事例ではカード会社がそうした正当でない決済を補償してくれます。今時はこれらのクレジットカードご利用明細をネットで見られるクレカが非常に多いです。自分がどこでいくらで利用したか把握することで第三者利用を防ぐことはもちろん、カード利用の成績表の代わりとなり家計管理といったことも一度に可能です(パソコン画面で利用履歴を参照することができる会社は昔の引き落とし額や決済可能残高なども閲覧できるようになっています)。カードはこのような視点からも非常に貴重な道具なのではないでしょうか。