クルマに乗る人は承知しているものですが自動車税という税金の納税義務があります。それでこれは、自動車の売却の際に一般に還付されるものなのです。これについては少し自分でやると直ぐに覚えられますが、これから一から流れを出来るだけわかりやすく案内することにしましょう。当たり前ですが補足するならば国産販売されているクルマだけでなく外国の車でも自動車税が返還される対象に決まってます。クルマも当てはまります。自動車税という税金はクルマを持つ人が支払わなければならないものなのですが、この金額は自動車の排気量毎に決められています。1リッターより小さいのであれば29500円1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円です。これからは500cc毎に5000円増加します。それからこれは4月1日時点の所有者が、年度内の自動車税を支払うことになります。ということは先払いということですから車を買取してもらって、所有権を手放したケースには先に払った分の税は戻ってくるということです。この自動車税の場合は前払いで今年度の金額を納付するから年度内に自動車を手放した際は、新たなオーナーがこの税を負担するということです。売却相手が買取専門店なら、売却時にあなたが先払いしている分の税金を返金してもらえます。まとめると所有者でなくなった時より後の税金は入れ替わった保有者が納税義務を負います。もしも10月の間に愛車を売った時は11月から次の年の3月の間までの払ったお金は返金されます。というのは、前も述べた通り自動車税という税金は前払いであるということから来ています。つまりあなたは売却先に税を返してもらうということなのです。業者を介さずに愛車を引き取ってもらう場合には何気にこうした知識に気づかない人がよくいるので確認するようにすることです。自動車税が車を売った際に返金されるという知識をほとんど知っている人がいない事をいいことにその状況を言わない買取業者もあります。こちら側から自動車税の返金について話を切り出さなければ全く税金のことに関して言わないという場面も頻繁に聞かれます。そのためクルマの買取をする際には、自動車税が戻ってくることをチェックすることを忘れないようにしましょう。