いよいよ投資すると時という段階では、事前対策を怠ってはならない。売買を行う前であれば、出来事を落ち着いて観察する事ができる余裕があります。だがしかし、一度売買の内側へ立ち入ってしまうと、どうやっても考え方が客観性を欠くものになる場合があり、重要な時にちゃんとした判断が分からなくなる恐れが生じる。だからこそ自らの頭が理性的な段階で間違いない準備する事が大切なのだ。その”準備”のためには始めに自分の脚本を作る事から始めます。為替相場はああだから、この外貨をエントリーするみたいに自らの脚本を書いていきます。次は日足チャートを見ましょう。今までのレートの値動きを調べて今日のチャートを確認する。すると、「今のところ相当高すぎる水準にあるな」他には「多くの方が取引しているから、今から自分か売り(または買い)してもやりようがない」ということが理解できます。もちろん今はもう買い(または売り)するのがなすすべがないと考えたら手を出さないで、この状況ではあきらめることか重要です。どうあがいてもあなたなりの物語を引き下げないで無理に新しく注文すると、為替相場に跳ね返されて、逆に為替差損を受けることになる危険性があります。もっともかなりの場面で準備が出来ている自分自身の物語を考えておけば取引が遅すぎるということにはならないだろう。おそらく、現実に為替相場が動き出す前のはずだから。続いては、とりあえず自身がとろうとする外貨ポジションの変動を、確かめる事が大事です。ドル高になるという筋書きを書いたのであれば、その外貨の変動に注目する事が大切です。マーケットの変化をチェックし始めた場面では、ドルは大きく上下動する気配を見せないで上がったり下がったり多少の変動を繰り返しているだけだろう。だけど、その動きをきちんと調べていると、ある位置でじりじりと円安へと外国為替市場が動き始めます。そこでやっと、ドルのトレードします。基本的に、これだけ慎重に準偏さえしておけばその売り買いで勝てる割合は大きくなります。