外国為替証拠金取引(FX)については取引所取引という場所がございます。普通の外国為替証拠金取引(FX)会社と商業取引を実行することを「店頭取引」と呼びますがこれは取引所を通過させず商売の対象は外国為替証拠金取引(FX)業者になります。「取引所取引」という所はFX(外国為替証拠金取引)会社はとはいっても仲介役であるのでダイレクトな商売相手は取引所になります。この違いをこちらでちょっと比べてみます。初めに「店頭取引」の場合は預金しておる資金はFX会社に管理されているのです。反面「取引所取引」の例、お金は全額取引所に預金しなければならないと義務になっております。そうする事で万が一外国為替証拠金取引(FX)業者がダウンするといった問題が例えあっても、取引所取引は取引所によって証拠金が全てのお金が防衛してもらえることになります。前者の折は外国為替証拠金取引(FX)業者が統括しているので、景況によっては業者経営破たんの跳ね返りをに見舞われて預けていた資金は防衛されずにいくのかもしれないです。及び税金を考慮しても店頭取引と取引所取引は条項に違いがございます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として給与と総額で申し出をしなければいけません。一方確定申告しないで大丈夫な場合もある様ですので、自己に適合するかどうかじっくり確かめるようにをお願いします。万一アナタがサラリーマンでサラリー二千万円以下給与の所得の範囲を超えた実収が二十万円以下(複数の会社から給料の所得がなし)というようなのような規定を満たしている状態でいるのであれば特例措置という事で確定申告はする必要がないです。外為(FX)収益が二十万円以上折は確定申告をしてください。税の割合は儲けに反応して5〜40%の6段階に仕分けられておりまして収益が高いのであれば税も高くなります。「取引所取引」に関しては、収益があった際にはそれ以外の実収とは別口として「申告分離課税」の対象となるのです。税の度合いは全て同じ20%となるのですが仮に損が断定されたのであれば「取引所取引」の利点としてマイナス分を次年以降に先延ばしが可能です。上記のように、「取引所取引」の方がより安いtaxになる時というのもありますので照らし合わせて検討していった方が良いと思います。特に未経験者の人ならば、JASDAQ株価の上がり下がりや円高に毎日注意して、もうけや損金分に一喜一憂する事で、税金に関してのことを忘れ易くなってしまうこともあります。赤字は困りますが、収入が多くなれば税金も額が高騰するので注意と自覚が肝要です。