ショップで全部の所有カードが決済可能なのではありません。◆クレジットカード会社の加入店舗は一般的に二つ以上のクレカ会社と契約しているんですが、残念なことにどれものショップで全部のクレジットカードが切れるのではありません。例をあげていうと昔からある加盟店舗の際だとJCBの付いたクレカしか使用不可なときもありますし、今日のお店の場合VISA、MasterCardブランドの書いたクレカだけしか切れないときもあります。ディスカバーカードのようなクレジットカードならばさらに使えないお店が増えると思います。何のブランドの所有クレジットカードが使えるかをどうやって見たらいいか「それじゃいかなる方法でどのマークの所有クレカが使えるか見たらいいのか?」というとちゃんと知るんだとするとショップの人に尋ねてみる以外にはないというのが実はその回答です。ただしおおよその店やショッピングセンターにはお店の目につきやすいところとかに使用できるクレカの案内が書かれたシールが付けられているから、「そうかここの店舗ではMasterCardが切れるんだな」という感じに分かりやすいようになっているから心配しないようにしてほしいと思います。とはいっても、ちゃんと契約管理が行き届いていないお店で使用する際には印が掲載されているのに「今はお客様のカードは決済いただけません」などという対応を受けてしまう場合もあるわけで困惑してしまうこともあるでしょう。そこで、できる限りは全てのお店でクレカが使用できるようにする目的を考えると異種のブランド(国外会社)が入っている一般的なMasterCard、アメリカンエキスプレスカード、ライフカード、などのクレカを複数使えるようにしておくようにするとよいと思います(例えば:UCカードをすでに持っているならその次はディスカバーカード付帯のカードを使用するほか)。とりわけ国内では、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのブランドが書いてあるカードをいつも持っておけば、ほぼ日本各地の加入店で少なくとも1枚のクレカを渡すよう準備できていることになります。カードを使いこなしてマイル取得を続けるつもりならば、言うまでもないが別々のカードを所有しておいていただくことをお勧めします。