破産手続きを考えている人でローンに対して保証人が存在するときには事前に話しておくべきです。ふたたび、強調しておきますが債務に保証人を立てているときは、自己破産の前段階に検討しておかなければなりません。つまりは自分が自己破産をして免除されると保証人となる人があなたが借りた借り入れを全部負う義務があるからです。なので、破産手続きをする前にあなたの保証人に、至ったおかれた現状を説明してお詫びの一つもなくてはいけないでしょう。そういうことはあなたの保証人からすると当然のことです。友人等のあなたが破産するのが原因で、急に多額の支払い義務が生じてしまうことになるのですから。そうして、以後のその保証人の取るべき選択ルート以下の4つになります。1点目ですが保証人である人が「みな返す」というものです。あなたの保証人がすぐに数百万円のカネを苦労することなく支払うことができるぐらいの貯金を所有していればこの方法を取ることが可能です。でもむしろ、そのまま破産宣告せずにその保証人に立て替えを依頼して、あなたはあなたの保証人に月々の返すという方法も取れるかと思われます。保証人が破産を検討している人と関係が良いのなら、少しは完済期間を猶予してもらうこともできないこともないかもしれません。それに耳をそろえて返済不可能な場合でも、分割払いに応じる場合も多いです。保証人に自己破産を行われてしまうと貸金がなにも戻ってこないことになってしまうからです。もし保証人があなたのカネをあなたに代わり支払う財産がない場合は、借金しているあなたとまた同様にどれかの債務の整理を選ばなければなりません。2つめは「任意整理」による処理です。この方法の場合債権者と相談する方法により5年ほどの期間で返済する感じになります。実際に弁護士事務所にお願いする場合のかかる費用は債務1件ごとに4万。もし7か所からのローンがあるならおよそ28万円かかります。また貸した側との話し合いを自分でやってしまうこともできますが、債務処理に関する経験も知識もない人の場合債権者が自分に有利な提案を出してくるので慎重である必要があります。くわえて、任意整理になる場合はあなたは保証人に借り入れを負担してもらうことを意味するわけですからあなたは長くかかるとしても保証してくれた人に返済していく義務があります。3つめはその保証人もあなたといっしょに「破産申告する」という方法です。返済できなくなった人と同じように破産手続きをすれば保証人となっている人の債務も返さなくて良いことになります。ただその場合は、保証人がもし住宅等の不動産を所有しているならば該当する財産を失ってしまいますし司法書士等の業界にいる場合影響を受けてしまいます。そのような場合は、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。最後に4つめの方法は「個人再生による手続きを取る」方法についてです。マンション等を処分せず負債の整理を行う場合や、自己破産では資格制限にかかる職業にたずさわっている人に利用できるのが個人再生という制度です。個人再生なら住居する不動産は処分が求められませんし破産申し立てのような職種にかかる制限、資格制限等が何もありません。