乗用車の【全損】とはその名が示すように全てが壊れてしまった状況で、言い換えれば走行出来ないというような移動手段の車として役をできなくなった場面で使用されますが車の保険で言う《全損》は少し同義ではない意味合いが含まれています。新宿 プロミス 窓口

保険のケースでは乗用車が損傷を受けた場合では『全損と分損』の振り分けられ、分損は修理費が保険金内でおさまる事を指し、その場合とは反対に〈全損〉とは修理のお金が保険金の額を上回る状態を言います。ブライダルエステ 静岡 口コミ

普通、車の修復で全損と言われるとエンジンに取り返しのつかない損傷を受けたり乗用車のフレームが曲がってしまったりして修復が難しい時再利用か廃車と決められるのが当然です。ライザップ所沢

自動車の事故が起きてお店や自動車保険会社がこの修理のお金を計算した際にどんだけ見かけが綺麗で修理が可能な場合でも修復のお金が補償金よりも大きければそもそもなんで保険にお金を払っているのか分からなくなってしまいます。京都 フェイシャルエステ

そういった状態では『全損』として乗用車の権利を車の保険屋さんに渡し補償金を負担してもらう事になっています。ザクリニック

もちろんそれなりの期間乗り続けたマイカーで未練があり、自分でお金を出して修復して乗りたいとおっしゃる方はいくらでもいますから事態によっては車の保険の会社と話し合ってみるといいでしょう。

なお、保険にはこういう状況が想定され車両全損時諸費用補償特約などの《全損》の時に特約つけている状況がありたとえマイカーが【全損】なった場合でも新しく車を買うの諸経費を一部分補償してくれるサービスも実在したりします。

盗難時保険額の特約をつけていたら、盗難にあった物がどこかへいってしまった時でも『全損』の扱いで、補償金が払われるサービスになっているようです。