予期せず、思いがけず起こってしまうのが車の事故です。

この場面でどう作業したかで車の保険料の受け取りも変化するケースもありますので的確な判断力と対応が大事です。

想像できない場面に出会って動揺してしまったならば必要な状況を逃してしまい、後々自らがかなりの損を負う状況も考えられるので自動車事故を起こした時には冷静に以下の対応をしましょう。

交通事故を起こしてしまった状況で一番にすべきなのは負傷した人の確認です。

交通事故のすぐ後は訳が分からずショック状態になってしまう場合があり容易に動くことができないのが一般的です。

ですので、怪我をした人がいたならば危険が少ない場所に運んでから応急処置をして、周囲に助けを求める等怪我人優先に努めることが大事です。

救急車を呼ぶ状況では的確な事故現場を連絡して良く分からない状況では周囲のよく知られているお店や交差点名を知らせ場所を特定できるようにします。

次に警察へ知らせ交通事故が起こった事さらに現在の様子を知らせます。

救急車と警察の到着を待っている時に怪我人の内容を確認します。

名前、車のナンバー相手側の保険会社等それぞれの情報を伝えます。

その時に相手に原因があるような場合には、すぐに処理することがありますがすぐに結論を出すのではなく、どういう状況であっても警察や自動車保険会社に報告して、正確にジャッジしてもらう事が必要です。

関係者の身元を交換したら交通のじゃまにならないために妨げとなる物道路の上から取り除きます。

もし妨げになった物が他の障害となっている場合には各々の情報を交換する以前にその作業を終わらせてしまっても問題はないはずです。

その後自分自身が掛金を支払っている自動車保険会社に電話をして車の事故が起きた事を電話します。

車での事故から一定期間の間に自動車保険会社に電話を入れておかないと自動車での事故の保険の適用外となる場面も想定されますのでなるべく遅れることなく行動することが必要不可欠です。

さらに事故の様子として、デジカメや携帯のカメラで事故現場や事故車の破損の様子が分かる写真をを撮ります。

それは過失のパーセンテージ決める時にかなり大きな役割とできますので、自分自身の乗用車や先方の車の壊れた箇所をしっかりと手がかりとして残しておきます。

この状況で他の人がいたとしたら警官や保険屋さん到着するまで事故の現場にそのまま待って頂くように依頼するのも大事です。